FXと税金について

FXで稼ぐ FX やり方

FXと税金について

FXと税金について

 

FXは、「見えないお金」という印象、
またはギャンブルと思っている方も少なくないためか、
利益が出たらそれで終わりと思っている方が多いですが、これは大きな間違いです。

 

FXで利益が出たら、きちんと納税する必要があります。
その方法は、自分で確定申告をするという事です。

 

この理由は勤めている会社と違い源泉徴収という仕組みが無いからです。

 

この事実を知らないでそのままにすると、簡単に言うと脱税になりますので、
延滞金だけではなく罪として警察にお世話になる可能性もありますので、
きちんと税金は払いましょう。

 

FXでの税金:

利益が20万円以上の場合は一律20.315%の課税税金

です。

 

 

FXでの税金ですが、払わなくてもいい場合があります。
それは、1つ、給与所得以外の所得が20万円以下。

 

これは勤めている会社の所得が2000万円以下の場合です。
その対象の方が、
FXでの利益が20万円以下ならば税の対象にならない
という事です。

 

2つ、専業主婦の方や所得が無い方、FXでの利益が38万円以下の場合です。
これはパートなどでちょっとした生活の足しに、程度働いている方でも
65万円以下ならこの対象に含まれます。

 

 

もし万が一、越してしまった場合、扶養控除扱いにされていたものが、
本人分の税金が掛かってくることになりますので、夫側の負担も増える事になりますので、
よく確認しましょう。

 

ですが、この条件はあくまで自分の利益の金額です。

 

 

この利益は、何もない状態では出すことはできません。
FXで取引するには、パソコン、インターネット回線、
教本などの資料、勉強会などのセミナー費など、いろんな経費が掛かります。

 

税金を納める対象は、この必要経費を引いた分を納税するのです。
今年30万円FXで利益を出したが、いろんな経費が13万円掛かった、
という場合は最終的に利益が20万円以下ですので、
税金を納める対象にはならないとなります。

 

その場合はきちんと領収書は残しましょう。納税時、証拠は確実に必要になります。
また、不安でしたら、一度税務署の方に経費について相談することも一つの手です。
詳しくは国税庁のホームページ