FX自動売買をうまく使う方法

FX自動売買で失敗しないで稼ぐには?

FX自動売買をうまく使う方法

FX自動売買システムで失敗しないためには?

FXで効率よく売買行為を行うために利用できるのが、FX自動売買システムです。

 

FX自動売買システムは、機械的に買い注文と売り注文を出して決済をするので、損切のタイミングが分からずに損失が拡大してしまったというケースを抑制して、効率よく利益を出す便利なシステムです。

 

ただしFX業者等が提供しているFX自動売買システムは多種多様でその運用実績も千差万別です。システムによっては導入してもあまり成果が出ないものもあり、システムやストラテジーを選択するのには十分な注意が必要です。

 

FX自動売買システムのストラテジーとは?

FXの自動売買プログラムは、種類によっては相場のトレンドに特化したものやレンジに特化したものがあり、どのような売買の仕方をするかというのは、ストラテジーによって決まります。ストラテジーというのは、FX自動売買システムの売買のルールのようなものでそのルールはストラテジーによって多種多様な性格や要素が見受けられます。例えば積極的に損切を行うものや、逆になるべく損切をしないで我慢するものもあります。前者は損益が拡大しないけれどレートが下降しはじめたら細かな損を確定させ、後者は細かく相場が傾いても長期的にレートが上昇すれば大きな利益につながるものです。

 

FXの相場はトレンド相場とレンジ相場に分類される

FXの自動売買システムの導入で失敗しないためには、相場に適したストラテジーを選ぶことにあります。FXの相場は主にトレンド相場とレンジ相場に分けられます。トレンド相場とは、一定の期間の間にチャートが明らかな上昇しているか、下降しているものをいいます。逆にレンジ相場とはチャートが上昇も下降もせずにある一定の範囲内で上がったり、下がったりを繰り返しているものを言います。自動売買のストラテジーをこのトレンド相場とレンジ相場に特化したプログラムが存在して、トレンド向きのストラテジーはレンジ系の相場ではうまく機能しない(その逆も同じ)ことがわかっています。

 

トレンド相場・レンジ相場に特化したストラテジーを選択する

自動売買を成功させて効率よくFXで稼ぐためには、トレンド相場もしくはレンジ相場に特化したストラテジーを選択することが良いといえるでしょう。FX自動売買で失敗する人の多くは現在の相場に対して適切でないストラテジーを適用させているために、利益が出せないパターンが多いです。また自動売買のデメリットととして、急激な為替レートの変動には対応できないという点やサーバー上のトラブルや回線のトラブルによって正しく売買されないというデメリットがあります。
自動売買システムは万能ではなく、必ずしも利益を約束するものではないということを肝に銘じておきましょう。