ファンダメンタルズ分析について

FXで稼ぐ FX やり方

ファンダメンタルズ分析について

 

ファンダメンタルズ分析とは、
簡単に言うと、世界情勢の状態から未来の値の動きを予想する分析の事をいいます。

 

例えば、世界各国の選挙結果、石油等の価格変動、グローバル企業の経営、
戦争、ニュースなど、その事がキッカケで為替が変動する事があります。

 

これを予想し取引をすることがこの分析の特徴になります。

 

ですがこのファンダメンタルズ分析は、とても高度な知識を必要とし、
とても時間も掛かります。

 

尚且つ個人でFX取引をしている方には、情報収集の意味で限界があります。

 

いろんな意見があると思いますが、ひとまずは、
この世界情勢の中で経済指標の事から始めていきましょう。

 

 

主な経済指標は、まずはアメリカ雇用統計です。

 

アメリカの雇用統計は、いろんな国の投資家が注目している部分です。
注目が多いということは、その分取引率も大きくなりますので、
為替の動きも大きくなります。

 

そのため、この統計発表の時はなるべく取引しないことをおススメします
大きな利益を生む可能性はありますが、全く意に反した値動きをする可能性も大きいので、
様子を見ましょう。

 

次は要人の発言です。
中央銀行の総裁、財務大臣などの発言は値動きに大きな影響を与えます。

 

例えば、要人がニュースで「ドルの供給を増やします。」と言ったとします。
それが実行され世界中にあるドルが増えます。

 

するとどうなりますか?量が多いものはその価値が下がりますよね?
紙幣も同じで、量の多いドル=価値が低い⇒売り、という形になり、
為替が大きく変動します。

 

それくらい要人の発言というのはFXにとって影響を与えます。

 

 

このように、ファンダメンタルズ分析を極めるならば、
まずはこのような所から始めてみましょう。

 

ですが、世界にかかわる大きなニュースがあっても、
為替にはあまり影響を与えない時もあれば、大した事象でもないのに大きく変動した、
という場合もあります。

 

 

FX相場は、何個も先を相場展開しています。
もし大きなニュースの後に、為替の変動が起きない場合は、
そのニュースはすでに「含んで」展開していると考えて下さい。

 

→関連記事:テクニカル分析について